設計図と住宅

安全な家

地震に対応できる住宅とは

近年建築された住宅であれば、耐震設備はバッチリ整っていますが、数十年前に建築された住宅は耐震に不備がある場合があります。この場合は早急に対応する必要があるため、自治体の耐震診断を受けるか業者に依頼して補強を調べます。 既存住宅に耐震補強する場合は、元からある部品を利用して補強するか、新規に取り付ける方法があります。元からある部品を利用する場合は耐震補強として耐えられるかを確認した後、適切な方法で強度を増していきます。新規部品を取り付ける場合は、壁や金具や筋交いを使用して住宅構造を強くしていきます。 また外壁を剥がさないで施工する耐震補強工事もあります。各部屋の揺れを抑えるため外壁の上から住宅を固定し、揺れに耐える仕組みになっています。

耐震補強施工にかかる費用とは

地震から住宅を守る耐震補強工事ですが、施工範囲と施工内容によって価格は異なります。また工期や作業人数によっても変動するため、申し込む際は何度も見積作成を行い、納得できる施工内容や価格を実現する業者を探す事が大切です。 耐震補強にかかる費用の内訳は、材料費と大工費と日数になります。材料は妥協できませんが、不要な箇所や不要な工事を見つける事でコストカットにも繋がります。大工費は必要な人手であるため削減できませんが、人数が多ければ工期も短期で済むため、柔軟に考える事も大切です。 住宅は年数や使用している材料によって、耐震補強の仕方が異なります。希望するリフォーム工事を行うには、どんな耐震を実現したいのか明確にする事が大事です。

診断をした上で

新耐震基準がある為、しっかりと耐震補強をしなければなりません。耐震補強をすることで、築年数が長い家に住むことが出来るでしょう。耐震診断を受けて計画を立ててから耐震補強をすると良いでしょう。

Read More

倒壊を防ぐ

耐震補強をすることで地震が起きても、住宅を倒壊から防ぐことが出来ます。新耐震基準がある為、それに合わせて耐震補強をすると安全性が高まります。耐震補強を考えた住宅を建設している方が多いです。

Read More

住宅の耐震強度

地震発生率が高い日本では耐震強度についてもよく考える必要があります。耐震強度に関する住宅の基準も比較的高めに設定されており、旧耐震基準で経てられた住宅であれば早めの新基準に対応させることが大切です。

Read More